ハイチオールCホワイティアの美白効果と飲み方


日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をしている人も多いでしょう。日焼け止めクリームの効果は2、3時間ほどの事が多く、塗り直さないと効果はなくなっていきます。仕事や育児で忙しく中々日焼け止めクリームを塗り直す時間がないという人もいるでしょう。

しかし紫外線を浴び続けていると気になってくるのがシミやそばかすが出来る事です。肌は自分を守るために角質を厚くして、メラニンを作り出すからです。シミやそばかすが出来てしまうと人から見られてしまう事もあり、コンプレックスになってしまう事もあります。

シミやそばかすを薄くするために高価な美白化粧品を使用してもあまり効果がないと感じている人もいるかもしれません。その様な人は肌に塗るだけのケアだけでなく、体の内側からのケアもしてみてはどうでしょう。そこでおすすめなのがテレビCMでも知られるハイチオールCホワイティアです。これは、毎日飲むだけでシミやそばかすを治療できる商品になっています。

ハイチオールCホワイティアの美白効果について

ハイチオールCホワイティアには、有効成分としてL-システインやビタミンCやパントテン酸カルシウムが配合されています。これらの相乗効果でシミやそばかすを薄くしていく事が出来るのです。

L-システインは、肌の代謝を良くする効果があります。L-システインにビタミンCが加わると、メラニンが作られるのを抑えてくれて、黒色メラニンを無色にしてくれるのです。そしてターンオーバーが繰り返される事により体の外へ黒くなった角質を排出してくれます。

ハイチオールCを飲むと即効性があって直ぐにシミやそばかすが消えると期待しすぎてしまうこともあるかもしれませんがそこまでの即効性はありません。

シミの色素であるメラニンを肌から排出するターンオーバーという仕組みは正常な人の場合は、大体28日で行われますが最低でもこれを6回は繰り返さないとシミやそばかすを薄くする事は出来ません。なので継続してハイチオールCを飲み続ける事が必要になります。

【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア 120錠

ハイチオールCホワイティアの飲み方について

ハイチオールCホワイティアは、朝と晩に服用します。1日3回服用しなければならない商品も多い中、1日2回の服用で良いので大変楽です。特に昼間は飲む時間がないという人もいるでしょうから朝と晩の服用は助かりますね。

また、飲み忘れたつもりが飲んでいたり、量を間違えて飲んでしまっても慌てる事はありません。L-システインやビタミンCやパントテン酸カルシウムは、飲み過ぎてしまっても使われない分は尿と一緒に体外へ排出されてしまうからです。ただ、ビタミンCを多く飲むと副作用として下痢になる場合もあるのでびっくりしないようにしましょう。

ハイチオールCホワイティアはシミやそばかすを薄くするだけでなく、疲労回復効果もあります。体がだるくて疲れやすいという人も、是非ハイチオールCホワイティアを飲んでみて下さい。

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

酒粕パックの作り方 シミに酒粕の美白効果!シミが消えた口コミも

プラセンタの美白、シミ消しへの効果と副作用について

定番美白成分のビタミンC誘導体の働き、副作用について

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑え美白に効果的

レチノールの美白効果、美肌ニキビ予防にも

ピクノジェノールで得られる美白効果、健康・ダイエットにも好影響