グレープフルーツでシミ対策になる?美白効果と食べる時の注意点


ほろ苦さと、程よい甘みと酸味が魅力のグレープフルーツですが、美白効果があるのはご存知でしょうか。グレープフルーツは、ビタミンCをはじめとした美白に良い成分をたくさん含んでいます。

グレープフルーツの美白効果に役立つ成分

ビタミンC

ビタミンCは別名、アスコルビン酸とも言われる、抗酸化作用の強い成分です。柑橘類や野菜などに豊富に含まれており、顔のシミやくすみの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ効果があります。また、還元作用によって、メラニン色素を無色にする働きもあるため、出来てしまったシミを薄くしたり、なくしたりすることができます。
ビタミンCで美白効果を得るためには、1日あたり1000mg程度の摂取が必要だと言われています。

ヘスペリジン

ヘスペリジンはビタミンPとも言います。柑橘類の果皮や薄皮に多く含まれる成分で、ポリフェノールの一種です。ヘスペリジンには血流を良くし、末端まで栄養を届ける効果があります。この効果で、肌のターンオーバーを正常化し、肌のくすみなどを防ぐことができます。また、ヘスペリジンにはビタミンCの働きを持続させる効果もあるので、ビタミンCの美白効果を高めることができます。

ナリンギン

ナリンギンもヘスペリジンと同じくポリフェノールの一種です。ちなみに、グレープフルーツの苦味はこのナリンギンによるものです。ナリンギンは、紫外線などから身を守るために、植物が備えている物質であり、高い抗酸化作用を持っています。そのため、メラニンを生成しコラーゲンを破壊する原因となる活性酸素の活動を抑制する効果があります。

グレープフルーツの効果的な摂り方

グレープフルーツで美白効果を得たい場合には、ジュースではなく果実で食べることをおすすめします。グレープフルーツジュースにも美白効果はありますが、ヘスペリジンが含まれる、皮や筋などを除去してしまうため、果実を食べる時よりもヘスペリジンの摂取量が減ってしまいます。

ヘスペリジンの摂取量が減ることで、ビタミンCの美白効果も減ってしまうことになるのです。どうしても果実のまま食べられない場合には、皮ごとジュースやスムージーにして摂取しましょう。

グレープフルーツを食べる際の注意点

美白効果のあるグレープフルーツですが、食べ方を間違えると美白効果がないどころか、逆効果になってしまう可能性があります。実は、グレープフルーツには、紫外線を吸収するソラレンという物質が含まれています。

ソラレンの働きは摂取してから2時間後にピークを迎えます。そのため、グレープフルーツを食べる際には食べる時間に注意する必要があります。

また、薬との併用にも注意しなくてはなりません。グレープフルーツの成分が薬に影響を与え、薬の効き過ぎなどを起こすことがあります。服薬中の場合には、注意しましょう。

正しい食べ方をすれば、グレープフルーツは、美白に大変効果があると言えます。しかし、食べれば食べるほど良いというものでもありません。毎日、適切な量を摂取して、美しい肌を手に入れましょう。

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

レスベラトロールの美白効果が高い理由はメラニンを作れなくさせるから

ローズヒップティーの美白効果はビタミンCのおかげ

玄米を食べると色白になれる?玄米に含まれる成分と美白効果

大豆の美白に役立つ成分とおすすめの黒豆茶

チョコレートがシミ予防に効果がある理由とおすすめのチョコ

ザクロには美白効果が期待できるエラグ酸、ビタミンCが豊富