ローズヒップティーの美白効果はビタミンCのおかげ


ローズヒップティーは、様々なお茶の中でも肌にいいということで人気があります。でも、どのような成分が含まれていて、どのような働きがあるのか詳しく知っている人はあまりいないのではないでしょうか。そこで、ローズヒップティーの成分や効果、より美白効果を高められる飲み方についてご紹介します。

ローズヒップティーに含まれる美白成分とは

ローズヒップティーに美白効果があると言われているのは、ビタミンCが非常に多く含まれているためです。その量、なんとレモンの約20倍と言われています。ビタミンCの他にも、リコピン、ビタミンB群など、肌にいいと言われる成分が含まれています。

そのため、ローズヒップティーを飲むことで一度に様々な美白成分を摂取することができ、効率よく美肌を目指すことができるのです。

ローズヒップティーの美白効果とは

美白効果にいいとされる様々な成分について、具体的にご説明します。まずはビタミンCですが、一つの成分で次のような様々な働きをします。

  • 抗酸化作用により、肌をキレイに保つ
  • 活性酵素の発生を抑えることで、シミができるのを防ぐ
  • チロシナーゼの働きを抑え、メラニン色素の生成を防ぐ
  • コラーゲンの合成を促進する

また、リコピンは活性酸素を除去し、シミが作られるのを防ぎます。ビタミンB群は肌の健康を維持する作用をし、代謝を促進します。そのため、肌荒れを防いだり直したりする働きがあります。
顔のシミなどが気になる人は、積極的に飲みたいですね。

ローズヒップティーの選び方

このように様々な美白効果のあるローズヒップティーですが、より効果を得るためには選び方にコツがあるのです。それは、実がまるごと使われている商品を選ぶこと。
ローズヒップティーは、実の中に美白効果のある成分が含まれているからです。

つまり、本当はお茶として飲むよりも実を食べることの方が効果的だったりします。お茶として飲む場合は、実を乾燥させただけのローズヒップティーを選ぶことが一番効果的なのです。そのような商品がない場合は、実を細かく粉砕したローズヒップティーを選びましょう。

ローズヒップティーの効果的な飲み方

しっかりと蒸らして成分を抽出して飲むことが大切です。蒸らし時間は商品によって異なるので、パッケージをよく見て下さい。ビタミンCの豊富なお茶なので、とても酸っぱい味がします。そのままでも飲めますが、はちみつを入れると飲みやすくなりますよ。

そして、お茶として抽出して飲んだ後に残った実を食べることが効果的です。実には、まだ栄養分がほとんど残った状態なので、絶対に捨ててはいけません。蒸らしてあるので柔らかくなっていて食べやすいはずです。

このようにしっかりと抽出したお茶を飲み、実もまるごと食べることで、ローズヒップティーの美白効果を最大限に得ることができます。顔のシミなどが増えてしまいがちな乾燥肌の方は積極的に飲むといいでしょう。

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

玄米を食べると色白になれる?玄米に含まれる成分と美白効果

チョコレートがシミ予防に効果がある理由とおすすめのチョコ

ザクロには美白効果が期待できるエラグ酸、ビタミンCが豊富

レスベラトロールの美白効果が高い理由はメラニンを作れなくさせるから

グレープフルーツでシミ対策になる?美白効果と食べる時の注意点

大豆の美白に役立つ成分とおすすめの黒豆茶