ザクロには美白効果が期待できるエラグ酸、ビタミンCが豊富


強い日差しで紫外線によるダメージを受けた肌にとってザクロを食べることで美白効果があると言われています。春夏の紫外線が強い時期で弱ってシミの予備軍を増やしてしまったお肌に秋に収穫されるザクロを食べるというのは理にかなった方法なのです。

ザクロの美白効果の主な成分とは

ザクロに含まれる成分の中で、美白効果があるといわれているものがエラグ酸です。このエラグ酸は、アルブチンという漂白作用のある弱酸性の物質の約100倍の美白効果があると言われています。

アルブチンは、ハイドロキノンという非常に強い漂白作用のある物質と類似した成分なので、その100倍の効果というとかなりのものですよね。そのため、ザクロからエラグ酸を抽出して化粧品が作られたりしているくらいなのです。このエラグ酸を摂取することは、顔のシミができてしまうのを抑制することにも効果があります。

他にも美肌を作る成分はこんなにある

ザクロにはエラグ酸だけでなく、肌にいい成分がたくさん含まれています。まずはビタミン。ビタミンCは、メラニン色素を作り出す酵素・チロシナーゼの働きを抑えてくれます。そしてコラーゲンを生み出す助けもします。ビタミンBは、肌の健康を保つ成分です。

次にミネラルの中で、豊富に含まれるカリウム。こちらは利尿作用により、老廃物や毒素を身体の外に出してくれます。代謝を高める働きを持つナイアシンが、新しい肌細胞を作り出す助けをします。そのことで、古い角質がはがれやすくなるのです。

これら、様々な美白効果のある成分が一つの果物に含まれているので、ザクロは肌にとって非常に価値があると言えます。

ザクロの効果的な食べ方とは

ザクロは10月~1月の間が旬の果物です。この時期に出回っている旬のザクロは新鮮で、栄養素もたっぷり。もちろん、美白効果のある成分もこの時期のザクロに多く含まれています。そのため、旬のザクロを食べることが望ましいです。

また、秋は夏の紫外線によってダメージを受け、顔のシミやそばかすなどが出てくる時期です。その時にザクロを食べることで、シミやそばかすが出てくるのを防ぐことができるというわけです。

ちなみに、エラグ酸を始め、美白効果のある成分の多くは実よりも種に含まれています。果実にももちろん含まれていますが、種も含めまるごと食べた方が効果的です。ザクロの種は他の果物に比べて小さくて柔らかいので、かみ砕いて食べることをおすすめします。

ザクロが出回っていない時期は

旬の時期に生のザクロを食べるのがいいのですが、ザクロの旬はとても短く、手に入らない時期の方が長いです。そのため、一年中ザクロの美白効果を得られるよう、旬の時期以外は加工品などが便利です。

ザクロの旬ではない時期には、ザクロ100%ジュースや、ザクロを使用したサプリや化粧品なども活用しましょう。美白効果の高いエラグ酸をうまく利用した商品は多数あります。生ザクロと併用することで、より美白効果を高めることができるでしょう。

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

ローズヒップティーの美白効果はビタミンCのおかげ

大豆の美白に役立つ成分とおすすめの黒豆茶

レスベラトロールの美白効果が高い理由はメラニンを作れなくさせるから

グレープフルーツでシミ対策になる?美白効果と食べる時の注意点

チョコレートがシミ予防に効果がある理由とおすすめのチョコ

玄米を食べると色白になれる?玄米に含まれる成分と美白効果