顔にできるシミの種類

顔に黒い点が表れても、すべてが同じシミというわけではありません。ここではシミの種類それぞれの予防法、改善法を見てみましょう。

シミ・老人性色素斑

老人性というと高齢者になるとできると思われがちですが、紫外線の影響で早い人なら20代後半から現れることもある、一般的な顔にできるシミのことを指します。見た目はそばかすに似ていて小さい点でふくらみはありません。おでこ、目の周り、頬に現れやすいです。

予防改善方法:予防のために紫外線対策を行いながら、美白化粧品を使うことで対処できます。長年放置していてひどくなっている状態ではレーザー治療のほうが有効な場合もあります。

そばかす(雀卵斑)

5歳くらいの子供のころからできる小さい点で目の下、頬にできます。遺伝が強い要素を持っているそばかすですが、老人性色素斑と同じく紫外線を浴びると数が増えて色も濃くなってしまいます。

予防改善方法:遺伝要素の場合は美白化粧品はあまり効果的に働きません。予防のためにUVカット、レーザー治療がおすすめです。

肝斑

30代~50代女性に多く、目の下に点ではなく広い範囲に大きく現れます。ホルモンバランスが原因なので更年期だけでなく妊娠時にもできることがあります。

予防改善方法:美白化粧品が有効です。また、トラネキサム酸を服用することでも改善できます。レーザー治療は悪化する場合があるので注意してください。

脂漏性角化症

はじめは普通のしみ(老人性色素斑)にみえますが、次第に硬くなって少し盛り上がってザラザラした手触りになります。これはイボ(良性腫瘍)で肌の老化、摩擦などによって起こります。悪性黒色腫(メラノーマ)と似ているのでおかしいと感じたら病院で診察を受けてください。

予防改善方法:美白化粧品は効果がありません。シミが悪化して脂漏性角化症になることもあるので、シミ予防、シミの改善スキンケアを行うといいでしょう。

 

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

岩盤浴はダイエットだけじゃなく美白効果もある!?

顔のシミが産後に急に増えてしまう原因と消し方