顔のシミを消す食べ物【柑橘系、夏野菜、緑黄色野菜】

顔のシミを消す食べ物としては、やはりビタミンCを多く含む食材が効果的です。ビタミンCは貯めておくことができないので、こまめに補うことが必要です。

また、ビタミンCは熱に弱いので、できるだけ生食の方がお勧めです。生食でビタミンCを摂取しやすい食べ物をいくつかご紹介します。

柑橘系の果物

ビタミンCを多く含む食材として代表的な食べ物が、レモンやオレンジ、みかんなどの柑橘系の果物です。ビタミンCはシミ予防や改善だけではなく、疲労解消にも効果があります。

また、暑い日も酸味の強い食べ物がおいしく感じます。柑橘系の果物は、暑さによる疲労を回復してくれ、さらには紫外線によるシミ対策にも効果を発揮してくれます。

ただ、オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系にはソラレンという光毒性を発揮してシミの原因になる成分が含まれているので、一度に多く食べて紫外線を浴びるとシミができやすくなるので朝は食べないようにしましょう。

夏野菜にもシミ対策に効果がある

夏を代表する野菜と言えば、トマトやキュウリ、あるいはスイカなど水分の多い食べ物が多くあります。夏は大量に汗をかきやすいので、夏野菜をたくさん食べて、十分に水分補給をすることができます。

さらに日光に強い日差しの影響を受けやすい時期ですが、紫外線によるシミ対策にもなります。旬の野菜は栄養価が非常に高いので、十分に栄養を補給することができます。

その季節に体に必要な栄養を補ってくれるありがたい食材ばかりです。熱い夏に負けない肌を作るためにも、積極的に夏野菜を食べるようにしたいものです。

緑黄色野菜もシミ対策に効果的

ブロッコリーやホウレンソウなどの青菜の野菜もビタミンCが豊富に含まれています。また、キャベツのビタミンCが豊富な葉物の野菜です。生食でビタミンCを摂るためにも、サラダや野菜ジュース、またはグリーンスムージーなどがお勧めです。

ビタミンCの多い果物と併せてジュースにすれば、時間のない朝でも多くのビタミンCを摂ることができ、体内の吸収率も高まります。ビタミンCの豊富な果物と野菜のミックスジュースを飲むことで、シミ対策だけではなく、血液もキレイにしていくことができます。

ビタミンCを多く含む食材を摂ることで、体の内側からシミ対策の予防や改善に効果が期待できます。日差しの強い夏だけではなく、他の季節も肌は紫外線の影響を受けています。そのため、紫外線によるシミ対策は、常に行うようにしたいものです。肌の老化は年齢による場合よりも、圧倒的に紫外線による影響が大きいものです。

しかし、シミができてしまっても、しっかりとビタミンCを補給して、シミを減らす対策を行っていくことで、肌の状態を美肌に変えていくことができます。ビタミンCによるシミ改善の効果は個人差があります。すでにかなりシミがひどくなってしまっている場合は、食べ物だけの対策ではなく、専門家に相談するのも一つの方法です。

毎日の食生活を見直すことで、シミ対策を行うことができます。頑張りすぎずに無理なく長く続けることがコツです。

 

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

ローズヒップティーの美白効果はビタミンCのおかげ

玄米を食べると色白になれる?玄米に含まれる成分と美白効果

ザクロには美白効果が期待できるエラグ酸、ビタミンCが豊富

グレープフルーツでシミ対策になる?美白効果と食べる時の注意点

レスベラトロールの美白効果が高い理由はメラニンを作れなくさせるから

大豆の美白に役立つ成分とおすすめの黒豆茶