定番美白成分のビタミンC誘導体の働き、副作用について

巷ではビタミンC誘導体の入った化粧品が多く売られていますが、ビタミンC誘導体がどんな成分で、どんな効果があるのか知っていますか?肌に良いことはなんとなくわかるけど、どんな効果があるのかよくわからないという人もいるかもしれませんね。

ビタミンC誘導体にはうれしい美肌効果がたくさんありますが、注意して使わないと副作用が出てしまうこともあるんです。そこで今回はビタミンC誘導体についてくわしく解説していきたいと思います。

ビタミンC誘導体ってどんな成分なの?

まずは、ビタミンC誘導体がどんな成分なのかについて見ていきましょう。ビタミンC誘導体とは、私たちがよく知っているビタミンCを誘導体化したもののことをいいます。

ビタミンCそのものを化粧品に配合しようとしても、ビタミンCは成分として壊れやすく、デリケートなためそのまま配合できないという問題があります。

そこで、この問題を解決するためにビタミンC誘導体がうまれました。つまり、ビタミンCを誘導体化することで肌へ浸透しやすくなり、美肌効果が期待できるというワケです。

ビタミンC誘導体の美容への効果

次に、ビタミンC誘導体の効果を紹介していきます。

抗酸化作用

ビタミンC誘導体は肌の老化を防止し、アンチエイジングに効果があります。

美白効果

ビタミンC誘導体はシミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑制します。

ターンオーバーを正常化する

にきび跡や肌のキメが整わないなどの肌トラブルに効果があります。

しわ、たるみの防止

ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促進する働きがあるので、アンチエイジングに役立ちます。

皮脂の過剰な分泌を抑える

皮脂の過剰な分泌を抑制する効果があるので、にきびやテカリが気になる人、ニキビができやすい人にはおすすめされる成分です。

ビタミンC誘導体は、これひとつでさまざまな美肌効果が期待できるところがうれしいですね。

ビタミンC誘導体の副作用

ビタミンC誘導体はプラスの効果が多いですが、肌が炎症をおこしてしまったり乾燥してしまったりする副作用もあるんです。この副作用は個人差があって、何の問題もなく使える人ももちろんいます。

ビタミンC誘導体の入った化粧品を使うときは、高濃度のビタミンC誘導体の入った化粧品を使わない、保湿をしっかりするなどの対策が大切です。顔にかゆみや赤み、ピリピリするなどの症状が出たときは無理に使わないほうがいいでしょう。

ここまでビタミンC誘導体について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?ビタミンC誘導体にはアンチエイジングや美白効果、にきび予防などたくさんの美肌効果があることがわかりましたね。
また、正しく使えば高い効果が期待できる美容成分です。特に、乾燥が気になる人や敏感肌の人は、濃度の薄いものからはじめてみることをおすすめします。アンチエイジングや美白効果のある化粧品をさがしている人は参考にしてみてくださいね。

⇒ シミに効くクリーム、美白化粧品ランキング

関連記事

プラセンタの美白、シミ消しへの効果と副作用について

ハイチオールCホワイティアの美白効果と飲み方

レチノールの美白効果、美肌ニキビ予防にも

酒粕パックの作り方 シミに酒粕の美白効果!シミが消えた口コミも

ピクノジェノールで得られる美白効果、健康・ダイエットにも好影響

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑え美白に効果的